矢野フェスに行った日

2010年2月24日。

朝、通勤電車の中でtwitterを見ていて、「今日はそういえば矢野フェスあるんだ」と気づく。

そして、なんとなく「行っちゃうか!!」と思い立つ。

心が弾み、一日中そわそわしていた。

なんで今までスルーしていたのかわからない。

 

18:40。

若干遅れ気味に渋谷O-eastに到着。

まだ前売り券の人が入場しているところだった。

 

オープニングアクト。

以前から矢野さんがプロデューするということで名前は知っていた南波志帆。

声がかわいすぎてちょっと聴けないかな、と思って聴いてなかった。

生で聴いてみると…やっぱりかわいすぎる。

気が向いたら聴いてみようかな。

ベッキーに似てると思うのは自分だけ…??

 

オープニング。

矢野さんが NONA REEVES の「透明ガール」を歌いながら降りてくる。

矢野さんを見るのはこれが初めて。

手のひら見ながら歌う土岐さん。お茶目だ!!

堂島孝平、キリンジ、NONA REEVES 西寺郷太も見るの初めて。

今夜のライブをいやが応にも期待させるオープニング。

 

堂島孝平。

完全に持ってかれた!!

なんとなく「オシャレギターポップ」なだけの人だと思っていた…

超かっこいい!!

「ナイトグライダー」とか素敵すぎる。

「未発表の曲」といっていた「スロウダンス」も最高。

ちょうどあんな感じの曲を集めたプレイリストを作っていた。

くるり「ハイウェイ」とか。

歌も良いがトークがうまい。脱帽。

「確信犯的ナルシスト」って言葉が浮かぶ。

 

馬の骨。

我らが西武学園文理高校の大先輩であるキリンジ弟。

しっとりと、激しく、エロく。

 

土岐麻子。

自分の中では既に安定枠に入っている土岐さん。

ライブでも聴いたことある曲が多く新鮮みにはかけた。

土岐さんが歌うだけで十分ではあるけど。

「君に胸キュン」の矢野さんパートもナイスだった!!

 

NONA REEVES

土岐さんつながりでiPodにも入っていたが、ライブは初めて。

本当に、本当に、本っっっっっっ当にすごかった!!!!!

あのライブパフォーマンス。

かっこ良すぎ。ため息もれっぱなし。

マイケルのコピーとか。

問答無用のかっこよさ。一撃でファンになる。

 

アンコール

「We Can Work It Out !!!!!」(だっけ?)

奇跡です。

これだけの歌い手が歌うんだから。

この奇跡のような歌が世の中に生まれ落ちた瞬間に立ち会えた、って思うだけで幸せ。

 

矢野さんが好きな人集めてやりたいことやっちゃいました、

みんな楽しいからみに来てね!!って感じのライブ。

死ぬほど楽しかった。

人生であと何回、こんな楽しいライブに出会えるんだろうか。

矢野さんにかかっています。

吉田篤弘『78』

なにが好きかって、もう目次から好きなのです。

 

第三の男 ”The Third Man” Theme 75

トゥインクル、トゥインクル One Sweet Letter From You 103

ゆがんだ球体の上の小さな楽団 I know That You Know 133

アーサーのねじ回し Lightning 163

中庭の王様 Goody Goody 191

夜の箱 Blue Skies 213

七つの夜の箱 The Cafe Mozart Waltz 235

七つの夜の箱の続き Laughing Rag 257

クローディアと靴箱の都 Smoke Rings 279

カワセミ Love Song 301

二段ベッドの神様 Wild Cat 43

オリエンタル・ツイストドーナツ Mean Dog Blues 13

犬を見に行った日 Goody Goody 321

 

なんなんだろう、このかっこよさは。

Cymbalsの沖井礼二の詞が好きな人にはわかると思う。

あるいは、King of Bandit Jing が好きな人には。

意味なんてない、おそらくはただ ”かっこよさ” を求めた言葉。

だからこそ深遠さも漂う。

でも、深みをのぞかんとする僕らを観て、彼らは言うに違いない。

「そんなのナンセンスだよ!」

 

Jing の8巻でないかなぁ…

そういえば、沖井さんの FROG 名義のアルバムにも「第三の男」って曲があった気がする。

…何者!?

 

 

“78 (小学館文庫)” (吉田 篤弘)
 
 

“Love You” (Cymbals)
 
 
 

音楽アプリ「GROOVE」に新機能「Artists Duos」が追加!

IMG_0034

勝手にナイスなプレイリストを作成してくれる無料の音楽アプリ「GROOVE」。
久しぶりに立ち上げてみると「Artists Duos」なる機能が…

IMG_0035

どうやらiPod touch の中からテイストの似たアーティストを2人選んで、
2人の曲が1曲ずつ交互に流れるプレイリストを作成してくれる模様。

どんなチョイスをしてくれるかというと…

「斉藤和義+奥田民生」
「羊毛とおはな+安藤裕子」
「BONNIE PINK +木村カエラ」
「capsule + Perfume」
「i-dep + Q;indivi」

…うんうんうなずいてしまう組み合わせや、

「ミズノマリ+Paris Match」
「土岐麻子+Cymbals」
「NONA REEVES+Cymbals」
「秦基博+スキマスイッチ」

…確実に知っているな、という組み合わせ。さらに…

「つじあやの+Cymbals」
「BONNIE PINK + BENNIE K」
「木村カエラ + Perfume」

…なんてマニアックな組み合わせも。

ツボすぎる…グッジョブ!!

「Artists Duos」の他にも「Something Fresh」が追加されていますね。

前からあったリストとして、フィーリングのあう曲をチョイスする「Feelin’ Groovy」
意外な曲がかかって楽しめる「Surprise Me」
お気に入りの曲を流してくれる「Favorites」
1組のアーティストから3曲ずつ選んで流す「Three of Kind」
など、気軽に楽しめる機能がそろっています。

地味に気に入ってるのが、アーティストの写真が表示されるところ。
iTunesには入っていないのでGROOVEが勝手に取って来てるのでしょう。
ほんとに良い仕事します。

グッジョブ!!

GROOVE[iTunes]

ボブ田中『アイデアの出し方』

20091213_ボブ田中『アイデアの出し方』

私の職業はSEなので、「アイディア出さなきゃ!!」という状況はあまりありません。
でもクリエイティブに対する憧れみたいなのはあって、「アイデア」とか「発想」とか付く本は割と好きで読んじゃったりします。

この本の著者ボブ田中さんを知ったきっかけは、何かの拍子にブログ「ボブ田中のアイディアが止まらなくなる1分講座」に行き着いたこと。「文章の上手なひとだなぁ」と思いました。すごく好感がもてる文章というか、つい読んでしまう文章というか。
すぐに購読し始めたのは言うまでもありません。

最近やっと著書を手に入れて読みました。
早速書いたマインドマップが上のです。

一番印象に残った点は、マインドマップでぐるぐる赤丸をしている2点です。
1点目は、アイデアはテーマの基本情報(市場動向やターゲット、競合)について収集し、それに身の回りのあらゆる要素を組み合わせることで生まれてくる、というもの。なぜ印象に残ったかというと、これまで自分が勘違いしていたことがわかったからです。「アイデアは既存のものの組み合わせである」というヤングさんの言葉は何度も聞いていました。でも勘違いしていたようです。例えばテーマが「傘」なら、「傘」×「何か」の「何か」を探すのだとずっと思っていました。でも違うんですね。まずは「傘」の市場動向やターゲット、購買動機などを調べてこれらを常に意識しておく。そして生活していく中で、「これは傘の購買動機につながるのでは」「これは傘のターゲットにささるのでは」そんな風に考えるのだと。「傘かさカサ・・・」と考えてばかりいた自分に気づかされました。
2点目はフォトリーディング。どうしても私は本を「読んで」しまうので速読とかできないと思っていたのですが、まじめに「フォトリーディング」取り組んでみようかと思いました。

最後にマインドマップについて少し。
色ペン使うのが面倒くさくて、いつもはさくっと青ボールペン一色で書いていました。今回もそうしたんですけど、いつもと違って上から色を塗ってみました。これが結構楽しい。今回使ったのはマルチ8という芯ホルダーでしたが、もっと多色の色鉛筆を使いたくなりました。Scansnapでスキャンしているのですが、黄色がオレンジとかわらなくなっちゃってますね。

【iPhoneアプリ】OilCanvas

20091205_OilCanvas_008

すごいでしょ?この油絵、自分で描いたんです!!

写真をもとに、油絵風のイメージが作れるiPhoneアプリ「OilCanvas」
最初は「?」だったけど、何ができるかわかってから夢中で触っていました。

まずはもととなる画像をインポート。

IMG_0027

つぎに画面の上を指でなぞっていきます。
まずは太い線で。

20091205_OilCanvas_005

色はアプリが勝手に判断します。
次に中ぐらいの線で。

20091205_OilCanvas_006

だんだん絵が浮かび上がってくるような感じがすごくいいですね。
最後は細い線で。メインの被写体を中心にガーッとなぞります。
ほぼこするような感じになっていましたけど・・・

20091205_OilCanvas_007

こちらは南禅寺の水路閣。

20091205_OilCanvas_004

横長の写真は下の方が余っちゃいます。

5万人がダウンロードするまで無料で配信中だそうです。

OilCanvas

お早めに!!